2024年度 新入生の方へ(お知らせ)

鍼灸コラム:五柱灸①

令和6年の初のコラムです。
昨年は、大勢の方にお読み頂きありがとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。

今回は、「五柱灸」がテーマです。
私が直接、その場で見聞した例をあげさせていただきます。
個人情報保護の観点から、概略のみお伝えします。

「40代の女性。時々、頭痛があるが痛みは強くない。軟便になり易い。・・・」
腹部に(中脘穴から上方にかけて)圧痛がある。

#この患者様の状態を聞いて考えたこと
 ①頭維あたりが頭痛の中心らしい。
 ②臍から心窩部が硬いことから、胃腸の不調か?
 ③中脘や上脘は脾経、胃経と関係する。
 ④軟便になりやすいことから脾経、胃経が関係する。

*「上腹部の硬さをとれば、頭痛も起こしにくくなるだろう。」と考え、胃経の流注を考慮して、腹部にお灸をしました。他所の経穴は少しありましたが、この灸中心だったと記憶しています。

この時の配穴が、「五柱灸」でした。
経穴は巨闕・中脘・下脘・梁門の5穴、灸は各3壮ずつ。
施灸後、頭痛は軽くなり、腹部も柔らかくなりました。

#中脘や巨闕は募穴、梁門は胃経の経穴です。
 それぞれの経穴については、次回、一緒に考えてみましょう。

 

【参考】
  ①針灸経穴辞典:東洋学術出版社
  ②針灸奇穴辞典:風林書房
  ③新版 経絡経穴概論 第2版:教科書執筆委員会 著:医道の日本社

関連記事

最近のブログ記事

  1. 「第78回市町村対抗かながわ駅伝」健康相談ブース(神奈川県鍼灸師会主催)に参加しました

  2. 鍼灸コラム:五柱灸②

  3. 隔物灸の授業を実施しました

カテゴリー

アーカイブ

検索


TOP
TOP
テキストのコピーはできません。