夢に向かって進む在校生

鍼灸科

在校生インタビュー

特修コース 久保塚 蛍さん

夢は、鍼灸で女性を苦しみから救う治療家です。

中学・高校時代はバレーボールで身体を故障する度に、外科的な治療に加え、鍼灸で克服してきました。その経験から自分も鍼灸師を目指し、呉竹で学ぶ中で、しっかりとした目標ができました。それは、不妊などの女性しか分かりあえない疾患で苦しむ方々に寄り添い、鍼灸で悩みを解消していくことです。その夢をかなえるため、鍼灸はもちろん、サービス介助など現場で役立つ授業で、正しい療法と実践力を身につけたいと思います。

在校生のライフスタイル

特修コース(9:30-12:40

根市 直也さん

将来の治療の幅を広げるため、柔道整復科の卒業と同時に鍼灸科に進みました。午前中の授業の後は、図書室や学生
ホールで復習してから、整骨院での仕事に打ち込んでいます。目標に向かって学びと仕事を両立できるのがうれしいですね。