夢に向かって進む在校生

鍼灸マッサージ科

在校生インタビュー

午後コース 渡邉 香織さん

目標は高齢者の健康寿命を延ばす治療家です。

マッサージを専門的に勉強したいと思い、呉竹学園に入学しました。入学当初はあん摩マッサージ指圧の技能と資格を重視していたのですが、実習科目で鍼と灸の優れた治療効果を目の当たりにしてからは、鍼灸マッサージを体系的に修得したいと考えるようになりました。これらのトータルな治療と運動指導で、高齢者の健康寿命を延ばすこと。それが私の目指す治療家像です。

在校生のライフスタイル

午前コース(9:30-12:40

佐々木 淳也さん

午前コースを選んだことで、午前中は学校、午後は訪問リハビリの仕事、夜はその日の科目を復習するライフスタイルを確立できました。通学の電車内でも友人と問題を出し合い、短い時間でも学びを深めています。

午後コース(13:30-16:40

小室 杏奈さん

勉強に専念するため機能訓練の仕事を辞めて呉竹に入学し、美容分野の治療家を目指して学んでいます。1日2限の授業編成なので、アルバイトや趣味の時間も作りやすく、充実した生活を送れるのが魅力です。