齋藤あかり1 在宅医療・介護
在宅医療・介護

お年寄りの方がリハビリの成果を喜ぶその笑顔にやりがいを感じます。


柔道整復科 2014年卒
齋藤 あかりさん
2016年3月取材
デイサービスセンター 大矢部接骨院勤務。柔道整復科2014年度卒業生。

柔道整復師の道はひとつではない。私が目指したのは機能訓練指導員です。

学生時代は漠然と、卒業したら接骨院で働くものだと考えていました。
でも、3年になって柔道整復師は機能訓練指導員としても働けることを知ったとき、思い出したのは寝たきりだった祖父のこと。それからは、しっかりとした目標ができました。介護施設で、高齢者や身体の不自由な方の日常生活をサポートしたいと思ったのです。
現在はデイサービス施設で、一人ひとりに合った回復訓練の提案や指導、体操メニューの作成などを行っています。お年寄りの方からは学ぶことも多く、それも楽しさの一つですが、リハビリの成果を喜ぶその笑顔を見るたびに、この仕事の素晴らしさに感動します。

在宅医療・介護を目指すなら